ナース

身近な人がうつ病になった時の対象方法!接し方のポイントとは

  1. ホーム
  2. 家族が発症してしまったら

家族が発症してしまったら

待合室

身近な人が出来る事

もし、家族など大切な人がうつ病になってしまったら、やはりとても戸惑ってしまいます。まさか自分の身近な人が発症するとは思わないので、どの様に接すれば良いのか分からなくなってしまうのではないでしょうか。うつ病を発症すると抑うつ状態となってしまい、気分が落ち込みがちになってしまったり、何事にも気力が湧かなかったり、様々な症状が出てしまいます。また、うつ病を発症している人が身近にいる場合、間違った接し方をしてしまえば、症状を悪化させてしまうばあもあります。その為、きちんと正しい接し方を覚えて症状を改善させる為の環境づくりをする必要があるでしょう。やはり身近な人がうつ病を発症してしまうと、その周りの人は早く病気を治したいと焦ってしまう場合があります。うつ病の場合は、治療が長引く事も多く、周りの人が焦ってしまうと本人にもプレッシャーとなってしまう場合があります。その為、周りの人は一度気持ちを落ちつかせゆったりとした気持ちで見守る事が大切です。また、うつ病を発症している場合マイナス思考に陥る事が多々あります。また、本人も自分の心をコントロールする事ができなくなってしまう事もあるでしょう。そんな時でも家族は全てを受け入れ、頑張れ頑張れなどプレッシャーを与え無い様にする事が大切です。また、やる気が無い状態や気力がない状態を見ると、ついアドバイスをしたくなってしまいますが、そこは我慢がする必要があります。そのアドバイスさえプレッシャーとなってしまい、余計症状を悪化させてしまう場合もあるので、極力アドバイスは避ける必要があるでしょう。正しい接し方を知らないと、やはり戸惑ってしまう事が多くなります。しかし、周りの人も協力をしながら優しく見守る事で、徐々に症状を改善させる事が出来るでしょう。また、うつ病を発症している場合、放置していれば自然に治ると言う訳ではありません。早期解決を目指すのであれば、適切な場所で適切な治療を受ける事が大切になります。その為、優しく病院に行く事を勧めてみましょう。うつ病の場合、精神科や心療内科での治療が必要になりますが、中には症状が出ていてもそれを認めず、病院に行く事を拒絶する人もいます。その様な場合は、無理やり病院に連れていくと言う事はしてはいけません。自分から行きたいと言う気持ちになってもらえる様に、優しく促す事が大切です。また、もし一人で行く事を渋る様であれば、家族が付き添って一緒に行くなどしてあげると安心する場合もあります。なかなか家族も接し方をどの様にすれば良いのか迷ってしまうケースもありますが、一番は相手の気持ちを尊重し見守る事が大切です。否定したり怒ってしまったりするとどんどんネガティブな考えに陥ってしまう場合もあるので、対応の仕方に注意する必要があります。自分の家族は大丈夫だろうと考えていても、うつ病自体珍しい病気ではなくなっています。その為、いつ誰が発症してもおかしくない世の中になっているので、知識として持っておく事はとても大切です。しっかり知識を身につける事で、もし身近な人が発症してしまった場合でも正しい接し方をする事が出来るので、覚えておきましょう。