ナース

身近な人がうつ病になった時の対象方法!接し方のポイントとは

  1. ホーム
  2. 正しい身近な人の関わり方

正しい身近な人の関わり方

先生

受け入れる事こそが大切

身内が抑うつ状態が長く続くと、家族やその周りの人はどの様に対処すれば良いのか困ってしまいます。一番大変なのは本人ではありますが、やはり身近な人もどう声を掛けて良いのか、どう接すれば良いのか、身動き出来ない状態になってしまうでしょう。うつ病は、時に周りの人から誤解されてしまう場合があります。元気がなかったりやる気がない状態を見るとつい元気を出しなさい、やる気を出さないとだめだよと声を掛けてしまいがちですが、この様な接し方は間違っています。うつ病は脳が機能障害を起こしている状態です。一般的な病気とは違う様に見えますが、うつ病も病気であり、正しい治療と正しい接し方をする事で症状を少しでも軽減する事が出来るでしょう。家族が出来るうつ病患者への接し方としては大きな心で相手を受け入れる事が大切です。ついもっと頑張れなどアドバイスしてしまいがちですが、元気がない状態もうつ病の特徴ですから、それを理解し過度に口を挟まない様にしましょう。まずは家族も病気を受け入れる体制を作り、家族はあなたの味方ですよという態度を示す事が大切です。うつ病は病院に通院したとしても症状が改善するまで長く掛ってしまう事もあります。最初は薬を飲んでいたもなかなか効果を現れず、焦ってしまったりもう病気が治らないのではないかと不安になってしまう人もいるでしょう。家族が不安になってしまえば、それが本人にも伝わってしまい、余計マイナスに考えてしまう場合があります。その為、家族が焦ってしまうのではなく、一緒に頑張ろうねと優しく見守る事が大切です。また、もう一つ接し方としてしてはいけないのが、過度に気にしすぎてもいけません。過度に気にするあまり、何もさせなかったり過保護になりするのも止めましょう。何かをしようとしている時に止めたりするのではなく、あくまでも見守る事が大切です。時にうつ病はそれを見守る家族にとっても大きな負担になってしまう場合もあります。しかし正しい知識を持ち、うつ病とはこの様な病気なのだと理解する事で、きちんと対応していく事が出来るでしょう。うつ病だからといって何も出来なくなる訳ではありません。出来る事もありますし、きちんと治療を行う事で完治させる事も可能です。もう治らないのではないかと先が見えなくなってしまいますが、絶対治ると信じて寄り添う事が大切でしょう。また、ネガティブな発言などする事もありますが、その場合はじっくり話を聞いてあげる事が大切です。その考えはだめだよと注意するのではなく、まずは受け入れそしてそれは大変だよね、辛かったねなど同調する姿勢を見せるようにしましょう。そうする事で相手に安心感を与える事が出来、自分は一人ではないと言う気持ちになるかもしれません。やはりうつ病は身近な人にとって他人ごとではなく、本人以上に真剣に考えてしまいますが、病院でも治療と家族のケアが一番大切であり正しい知識を持つ事こそが症状改善の第一歩です。本人と一緒に頑張ると言う気持ちを持ち、しっかり一緒に一歩一歩症状改善へと進んで行く事をお勧めします。その為にも正しい知識をしっかりと身に付けましょう。