ナース

身近な人がうつ病になった時の対象方法!接し方のポイントとは

  1. ホーム
  2. 正しい知識を持つ事が大切

正しい知識を持つ事が大切

レディ

周りの人の協力も必要

中高年に多いと言われているうつ病ですが、現在このうつ病を発症する人が大変多くなっています。うつ病などの気分障害を発症している人は100万人を超えると言われており、これに実際通院をしていない人を加えると、かなりの人数が発症していると言う事になるでしょう。その為、このうつ病は今や大変身近な病気であり、また、家族や恋人など自分にとって大変近い存在の人が発症する事も考えられる病気です。また、身近な人だけでは無く、もちろん自分が発症する場合もあるので、決して他人ごとではない病気でしょう。そんなうつ病をもし発症してしまったら、適切な処置と、そして周りの協力が必要不可欠です。この病気の場合、なかなか発症している事に気付かないケースもあり、気分が落ち込んでいたり元気がないと周りの人も元気を出せと励ましたり、中にはやる気が無いのかと怒ってしまう人もいるかもしれません。実はこの病気の場合、過度に応援をしたり怒ったりすると言う行為は逆に症状を悪化させてしまう場合もあるのでしてはいけない事です。もしうつ病患者が身近にいる場合はきちんと正しい知識を持って接する事が大切でしょう。その為、家族や周りの人もきちんと正しい接し方を覚える必要があります。では実際にどの様に接すれば良いのか、正しい接し方を紹介していきましょう。まずうつ病患者の人を否定するのはいけません。うつ病の人が話をしているのにも関わらず、それはおかしい、それは間違っているといった言葉を言ってしまうと余計マイナス思考になってしまう場合もあります。その為、話をする際は否定などせずにしっかり言葉を受け止め、共感する事が大切です。また、先にも述べましたがもっと頑張れなど、プレッシャーを与える様な言葉を掛けてはいけないでしょう。発症しやすい人には真面目な人や頑張り屋の人が多くいます。また、色々頑張った結果それがストレスとなりうつ病を発症しているケースもある為、接し方としてはあまりプレッシャーを与え無い様に頑張れなどと言う言葉は掛けない様にする事が大切です。うつ病の場合、一般の病気の人とはまた違った接し方をする必要があるので、きちんと正しい接し方する様にしましょう。なかなか周囲の人から理解されにくい病気ではありますが、発症したからと言って悲観する事はありません。決して治らない病気と言う訳では無く、適切な治療を受ける事で徐々に快方に向かう事が出来ます。その為、最近体の調子がおかしい、やる気が出ないといった症状が出ている人が身近にいる場合は精神科や心療内科に行く様に促してあげる様にしましょう。その際、無理に病院に行く様に言うのでは無く、自分から行きたいと思える様に、優しく促して揚げる事が大切です。決して厳しい口調で言うのでは無く、あくまでも相手の意見を尊重する姿勢でいる様にしましょう。なかなか身近な人が発症してしまった場合、接し方に困ってしまう場合があります。しかし周りの人も焦る事無く、ゆっくりと見守る事が大切です。正しい知識を持つ事が、症状改善への近道になります。また、この病気は治療期間が長引いてしまう事もありますが、気長に少しずつ前進する事が大切です。その為にも、周りの人もしっかり協力していきましょう。